神奈川県資源回収商業協同組合

資源組合とは

県全域・多様な資源を取り扱う!

県全域の組合として、営業エリアは県全域、組合員企業の本社は県内13市5町を網羅しています。当業界で扱う資源物である、非鉄・金属・古着・古布・古紙・びん・カレット等、どんなものでも資源となるものは扱っています。
回収から問屋機能まで、資源物によっては最終製品まで関わっている組合員もいます。最近では、家電リサイクルやレアメタルのリサイクルを扱っている組合員もいます。

業界発の仕組みとしてリサイクル化証明書を発行!

当組合が加盟している、日本再生資源事業協同組合連合会が構築した「リサイクル化証明書」により、排出者から受け取った資源物がどこで加工しているかなど、トレーサビリティがとれる仕組みを運用しています。
「リサイクル化証明書」に限らず、排出者の要望にお応え出来る組合員をご紹介いたします。

小規模事業者を支える組合事業を展開!

当組合の組合員企業の半数以上は、小規模事業者で成り立っています。地域を支えている小規模事業者のウィークポイントである、金融面と労災面を共同事業でサポートしています。
また、3.11の被災現地の復興支援として、青年部が率先して毎年現地に出向いています。こうした取り組みも、協同組合かつ官公需適格組合としての組織があるからこそ、出来る事業となっています。

県域である当組合の特性から、各市町村をまたがるような広域であることや、資源物の内容が明確ではないものなど、出し先がわからずお困りのことがあれば、是非当組合にご相談ください。